« デビルマン | Main | 再会は躍動する魂。 »

2004.11.20

ハウルの動く城とPSP

試写会以外では一番最初に上映されたらしい、六本木ヒルズ20日0:00の回に行ってきました。
上映前に場内にカメラとか関係者とかがいっぱいいたので、「もしかしてサプライズ舞台挨拶!?」と思ったら、鈴木プロデューサーのわけわからん挨拶だけでした。
おまえなんかいらん!!!とっととカエレ(´∀`)

というわけで見たのですが。
途中で、横のほうからいびきが聞こえてきました。隣の席の人も寝ていたらしい。

以下ネタバレ含むので、行間かせぎのどうでもいい話。
今渋谷駅にPSPが警備員とともにポスター埋め込み展示されてます。盗難防止でガラスケースに入ってます。
映画の前に見てきました。
液晶はキレイです。みんゴルも某不動産(トロ)もキレイに動いてます。
広告展開のカラーリング(PSPのメインビジュアル?)がiPodMiniの広告に似てるなーとは思うんだけど、やり方はインパクトあっていいですね。
でも、近づいて見ていたら、
「ガラスに触れないでください!」
と、見てる人それぞれに警備員がいちいち言います。
ハァ?お前らなんのために立ってんの?警備のためでしょ?
鍵穴いじってるわけじゃねーのに。そもそもガラスに触ってないし。
警備員が3人もいるのに、バカじゃねーの?神経質過ぎなんだよ。
見せつけるつもりで飾ってんじゃねーのか。
数億円のダイヤモンドの展示を見たことあるけど、ガラスケースに近づいて張り付くように見ても、警備員に何も言われませんでしたがなにか?
元から買うつもりはないが、PSPに対する好感度は全く無くなった。
さようなら。
あと、本体がハングアップしたら出てくるというリセットおじさん(PSの黒いジャンパーを着ている。ソニー関係者?)も見た。
こんなもんイラネーヨ、プゲラ、とか言ってやればよかった。

とやさぐれた後に見たハウル。


「デビルマン」くらいの超駄作ならいくらでも批判は出てくるし、「ロード・オブ・ザ・リング」くらい出来が良かったら、「じーさん強すぎだよありえねーよ!!」とか、愛ゆえの重箱の隅をつつく作業もできるものなのだなぁと思った。
ハウルは消化不良であんまり出てこない。

絵:金髪ハウルは美青年だけど、黒髪以降は普通~美青年に見える
声:大塚明夫さんが上手いから浮いてるってどういうことだよ!
曲:メイテーマしか残らない

キムタクの声が心配だと思っていたら、倍賞千恵子の声の方がだめだった。特に若いとき。若いときの声は島本須美(ナウシカ)に似てるんだから、ダブルキャストにすればいいのに!
キムタクは悪くなかったけど、感情が強い台詞はいまいちだった。
カルシファーの中の人はスネちゃま(骨川スネ夫)だと思い込んでいたが、スタッフロールを見たら違っていた。
マルクル可愛い。カルシファーと並んで大収穫祭。
サリマンの声が一番だめ。

結論
年を取っても女はイケメンが好き、好きになってもおかしくないから恋は大切という、高齢化社会に対する答えの映画。
ソフィー→ハウルに一目ぼれ
荒野の魔女→ハウルのストーカー
サリマン→ハウル似(逆?)の美少年達をはべらせている
いやまあそれだけじゃないんだけどさもちろん。今はこれしか言えん。
もう一度見に行くことになってるので、そのときはまた変わるかもしれない。
あと後半のソフィーのお人よしというか心の広さというかアホさについていけず、私にはハウルは救えないなーと思った。
宮崎駿はもう声優使いたくないみたいだから(上手い人ももちろんいる。今回のマルクルとカルシファーとか)、その価値観はもう相容れないことは分かっているけど、主役がそうだと、感情と話に入り込めない。もののけのサンのときもそうだったけど。今回はソフィーが可愛く思えなかった。
声だけじゃない、絵も脚本も音楽も今回はいまいち。求めるレベルが高すぎるのか?

|

« デビルマン | Main | 再会は躍動する魂。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15155/2012228

Listed below are links to weblogs that reference ハウルの動く城とPSP:

« デビルマン | Main | 再会は躍動する魂。 »